検討中

どういうブログにしていくか検討中です

やっと封神演義を読み始めた

封神演義のアニメが……始まりましたね!まだ視てないのですが。

フジリュー封神演義については、Twitterのフォロワーさんも好きな方が多いし、かつてのアニメの主題歌も大好きなのでずっと気にはなっていたのですが。というか最初の数巻読んでみたこともあったのですが(内容びっくりするほど覚えてなかったけど)。どうもフジリューのノリがよくわからず。。。
Twitterでも呟いたのですが、重た~いことが軽いノリで展開されるのでなんだかんだ熱血モノが好きな私には不思議な感じだったんです。

でも!尊い友情の宝庫だっていうし!アニメ放送でめっちゃ盛り上がってるし!今ならジャンプラで最初の方無料だから!29話まで読みました。


↓↓↓以下ネタバレ↓↓↓





黄飛虎どうせ死ぬんでしょ?って思うと死なない推しを作っておかないと耐え切れません(その息子の黄天化とかも話を聞く限り好きになりそうだけどググろうとするとサジェストに「死」って入るのしんどい)。というわけで私の推しリストに姫昌さんが入りました(文王が途中で死ぬことはないだろうから)穏やかで賢く善政を敷く統治者、好きです。

推しが定まってきたところで改めて感想ですが、妲己ちゃんのスイッチがどこにあるのかまだちょっとわからない(何故これまで黄飛虎は平気だったんだ……太公望はプチっとやられないんだ……)のが気になりつつ、封神計画の目的やこれから仲間になるであろうキャラクターの描写にわくわくしてます。TLの盛り上がりの力ってすごい!私フジリュー読めてる!今日の更新でいきなり黄飛虎の家族が死んで超ヘビーで凹みました!この調子で読み進められたら、と思います。顔だけで言ったら太乙真人が好きです。



以上。

『彼方のアストラ』が面白い、という記事を下書きに入れて1年以上経ってた

彼方のアストラ完結しましたね!本当に面白かった!せっかくおすすめ記事を書いてたのに1年以上寝かせてしまいました。これ、ちゃんと書こうと思うときっといつまでも投稿できないので書いてた部分をあげてしまおうと思います。

------------------------------------------------

毎週楽しみにしている漫画があると人生充実しますよね。

私にとって今そんな漫画が『彼方のアストラ』です。

第一巻が出てます↓(そしてこれを書いている間に二巻も出た……)

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)

 

 『彼方のアストラ』は、少年ジャンプ+で連載されています。少年ジャンプ+ですが、少年ジャンプから派生した無料のWeb雑誌…とでも言えばいいのでしょうか。Webで無料で漫画が読めてしまうとんでも雑誌なので、『彼方のアストラ』も毎週無料で読めます。他の漫画は黒バスの番外編くらいしか読んでないのでよくわかりませんが、彼方のアストラのためにお金払いたいくらい。マガポケ(マガジンのアプリ版)みたいに1作品ごとにお金払えればいいのに。。。

 

 

 

続きを読む

手塚国光さんお誕生日おめでとうございました

テニスの王子様は私の青春です。
大石秀一郎というキャラクターに入れ込んではや15年……ハマった当時はまだ小学生でした。まだまだ彼らの物語が続いていて、好きなキャラクターが活躍する姿を見ることができるのはなんて祝福でしょうか。生きててよかった。

私がどのようにテニスの王子様にハマり、大石秀一郎に転がり落ちてここまで生きてきたかについてはいつかまとめたいなぁと思っていますが、先週は手塚国光さんのお誕生日だったので彼について少しだけ書いときたいと思います。

大石ファンをやっていると、手塚を意識しないわけにはいきません。だって大石がいつも手塚のこと心配してるんだもん。コノヤロウ。

跡部戦にしても樺地戦にしても真田戦にしても、ジャンプでリアルタイムで読んでたときはとにかく辛かった。大石に感情移入しちゃってたからっていうのもあります。後は、手塚がプロ入りを意識しているらしいことはわかってたので、将来ある若者がここで無茶して再起不能になったらやり切れないと思ったから。(今冷静になってテニプリ読めば、まあ芸風みたいなもんだから……って思えるんですが。)

でも手塚はどの試合も棄権しなかった。目の前の試合の勝利にこだわりました。青学というチームに、全国優勝にかける想いや覚悟が彼をそうさせているのだと、跡部や不二は分析していたし真田戦では手塚が自分で言ってましたけど。

いやねー、手塚が青学が全国に行くことに命懸けてるなんてねー、端から見たらわかんないよね!跡部が「手塚が青学にかける想いをオレは読み切れなかった」って言ってたけどわかるよ跡部

もちろん読者として舞台裏を知っているので(テニスの王子様の主人公はリョーマだけど、物語は必ずしもリョーマ視点で進んでいるわけではなく、初期の頃から手塚が今のチームで全国に行くことにこだわっていることは明らかにされている)、跡部と同じように驚いたわけではないんですけど。いやでもね、普段あんなにスカしてる(ようにみえる)手塚にガムシャラに試合されたらびっくりするよね。

そう、手塚はわかりにくい。口数が極端に少ないし表情もめったに動かないから。

でも彼は、決して自分を隠しているわけじゃないと思うんですよ(『青学の柱』としての責任感故に自分の怪我については隠していましたが)。あの無表情の裏で何を考えているかって、あんまり複雑なことは考えてないよ多分。あ、馬鹿にしてるんじゃありませんよ!手塚の行動原理ってきっととてもシンプルで、故に彼は強いのだという話です。青学を導いて全国へ行きたい、テニスを極めたい、部長としてチームメイトを鼓舞するのは当然、勉学は学生の本分、親は敬うもの、お笑いは面白い……。彼にとって当たり前のことに、真っ直ぐに向かい合っているだけ。そしてあまりにも真っ直ぐなので無防備にも見えてしまうところがまた、彼の魅力になっているのでしょうか。
……まあ、いつも真っ直ぐということは、彼のどの行いを取っても悪気があってやったものではないということで、そこに逆に神経逆なでされたりもするんだけどね!


以上、手塚が大石を泣かせたことをまだ赦せていない一人の大石ファンから見た手塚のことでした。


ももクロのライブに行ってみたいけど体力に自信がない

今のところこのブログはTwitterの延長という感じでやろうかなぁと思っているのですが、そのTwitterを始めようと思ったきっかけは一人の歌手の方を追っかけたかったから。はい、浅岡雄也さんです。

未来の地図

未来の地図

↑大学受験時にヘビロテした曲

……浅岡さんについて語ると長くなるので別の機会を持てたらいいなと思います。とにかく、私の音楽の趣味ですが、スラダンとかコナンとか遊戯王見てたこともあってビーイング系がずっと好きでして。深く追っかけられているわけではないのですが、人生の一部では間違いなくあるわけです。

そんな私が何故!ももクロにハマったかということを!今回は語りたい!

きっかけはこちらです。

MOON PRIDE

MOON PRIDE


当方20代半ば独身OL(オタク)ってやつなんですが、当然のごとく子どものころはセーラームーンが大好きでした(というか今でも好きなんですが、とにかくあの頃持てる情熱をすべて注いでハマってまして、今振り返ると明らかに周りの子たちとのめり込み度が違っていた)。
そんな思い入れのある作品が、再アニメ化するというので、やはり当然のごとくOPもチェックしたわけです。

……素晴らしいよね!ももクロのこと、それまでイロモノ枠のアイドルだと思ってたけど!なんだこの……セーラー戦士の魂の美しさを表現した歌は……。メンバーのアニメ声っぽいところが声優が歌ってるようにも聞こえるし。(あ、曲を作ったRevoさんにも本当に感謝です。)

そういうわけで私はももクロをアーティストとして認識した(偉そうですいません)のですが、この時点では他の曲も積極的に聴いてみようとは思わなかったんです。ムーンプライドは最高だけど、他はよくわからんな。。。みたいな。
そんな私がまたももクロに向き合うきっかけになったお方が、ダイヤのAに登場人物する、東条秀明くん。

……ダイヤのA、高校生の時にクラスメイトに借りて読んですごく面白いなぁと思っていたのですが、ヒマ大生になってまた読んだら、面白くておもしろくて……。特に主人公の沢村と同学年で面倒見の良い金丸信二くんが好きなのですが、そんな金丸くんとコンビ組んでるのが東条くんなので、自然と彼にも注目しちゃうんですよね。そんなキャラクター達のことをね!もっと知りたいじゃないですか!


買いました。

そしたら、
東条くんの尊敬する人:百田夏菜子さん
とあるじゃないですか。


聴きました(YouTubeの公式チャンネルで)。

……最初は正直ちょっとよくわからなかったんですよ。慣れ親しんだ音楽とチガウ……。賑やかで忙しく、歌うの難しそう……。


……赤の笑顔とってもかわいいね!!あとジャンプすごい!!


私には中学からのつき合いであるモノノフの友人がおりまして。つい彼に話しちゃったわけです。「私ももクロ気になるんだよね……」と。そしたらCDとかDVDとか貸してくれました。とても親切に。


いや~~~、画面越しでも彼女たちがいつも全力なのがわかりますよね!!私があまり好きじゃない「スカした感じ」とは正反対!!ももクロは現在5人ですが、一人ひとりの笑顔が眩しい……。そしていつも本当に楽しそう……。見ててとても気持ちがいいのです。

彼女たちの曲については、正直なところあまりしっくりこないものもあるのですが、ハマるやつは本当にいいなって思う。紅白で歌ってたMy Dear Fellowとか好きです。パフォーマンス全力だけど歌詞も全力なものが多い印象。この前出たアルバムは人の一生を歌っていました。


ヘビロテしてるけどカラオケで歌おうとすると難しい!!

そんなわけで、ももクロ好きなんですけど初心者なので、「はじめてのももクロ」を観て感動して泣いてるわけですが、帰りが遅かったので完全に寝不足です。以上。

とんでもでもとんでもじゃなくても

なんかの呪文みたいなタイトルになってしまいましたが。いわゆるとんでもスポーツ漫画、について考えていることをちょっとだけ書きたいと思います。なお、私はとんでもスポーツ漫画大好きです。

 
まず、とんでもスポーツ漫画とは、実在するスポーツを扱いつつも、現実の競技ではありえない物理法則だったり効果だったりを伴う技が飛び出す漫画という認識です。そしてその「ありえない技」を繰り出す登場人物たちは「ありえないポテンシャル」を持っていたり、「ありえない練習」をしたりします。じゃあこれまでのスポーツ漫画でどれがとんでもスポーツ漫画なのか、っていったら正確に分類するのは難しいと思うのですが、とりあえずアストロ球団キャプテン翼テニスの王子様って言っておけば間違いない気がする。
 
さて、このとんでもスポーツ漫画、「リアルじゃないから読めない・楽しめない」人たちが一定数いるらしいことを周りやネットを眺めていると感じるのですが、そういう感覚もわかる気はするんです。誰にでも「これをされると物語に集中できない」ポイント、いわゆる「冷め(覚め)」ポイントは多かれ少なかれあると思っていまして、「とんでも要素」が冷め(覚め)ポイントな人はそりゃあ合わないだろうなと。
 
でも私は、この「とんでも要素」がある意味でのリアルさ、真実を描写するのにとても有効な手段だと思ってるんですよね。だから、「とんでもスポーツ漫画はリアルを描写できてないから作品として一流ではない」という意見には「ちょっと待った!!」と言いたくなる(笑)。実際のところそういった意見はあんまり見たことないですけど。
 
なお、上に挙げたとんでもスポーツ漫画の中で私がかなり読み込んだのがテニスの王子様(以下テニプリ)なので、これから書くことは主にテニプリのことになります。
 
 

感想:新選組!!土方歳三最期の一日

片岡愛之助さん演じる真田丸大谷吉継に大ハマりしております。今度の三連休敦賀関ヶ原に行く予定。

 
もちろん「刑部ロス」に苦しんでいるので、とうとうこちらをTSUTAYAディスカスさんに配達してもらいました。

 

新選組!! 土方歳三最期の一日 [DVD]

 
案の定新選組!にも大ハマりしていたタチだったので(修学旅行で京都に行く機会があったときには班員の子たちを説得して壬生寺とか行った)、こちらも当時試聴してたと思ってたんですが、どのシーンも全く記憶になかったので多分初めて視聴。
 
 
 
↓↓↓以下ネタバレあり↓↓↓

海馬とGuns N' Diamond

 

 ももクロが好きです。優しくない歌詞が多いところとか(笑)。

AMARANTHUSヘビロテで特に『Guns N' Diamond』好きなんですが、


ももいろクローバーZ – M12「Guns N' Diamond / 愛を継ぐもの」 試聴×視聴ビデオ with カンニング竹山 from「AMARANTHUS / 白金の夜明け」

 

遊戯王の映画観たら海馬のテーマソングになっちゃって……!

前の記事では「海馬はもう死んでいい」しか言えてなかったのでもう少し海馬について。

tsu22ki.hatenablog.com

 ↓↓↓以下ネタバレあり↓↓↓

 

 

続きを読む