検討中

どういうブログにしていくか検討中です

感想:劇場版『遊 戯 王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』4DX大喝采上映

劇場版『遊 戯 王 THE DARK SIDE OF DIMENSIONS』4DX大喝采上映、観てきました。

通常版でも2回観たんですが、シン・ゴジラで4DXの楽しさを味わったこともあり、これはやっぱり観なければ!と思いまして。

それで地元の映画館の上映スケジュールを調べたところ、24日の夜の回が『大喝采上映』でした。

とうとうこの田舎にも最近の文化が……!声出しOK、サイリウムOKのあの楽しそうなやつだ。興奮で叫んでも許されるし一回体験してみたい。

と、いうわけで、(うちは家族で遊戯王が好きなので両親と一緒に)4DX大喝采上映鑑賞してきました。

 

 

↓↓↓以下感想(ネタバレあり)↓↓↓

 

 

 

 

いや~~、我々には大喝采上映はまだ早かったようでした…(笑)。

席は満席でしたが、サイリウム持ってる方は数人?、声出ししてた人も数人で、しかも最初の方だけ。

私はといえば、ブラックマジシャン登場時に興奮して「キターーー(・▽・)!!」とかブルーアイズの攻撃時に海馬と一緒に「滅びのバーストストリーム!!」とか叫んでましたが、こう、登場人物への声掛けとか応援とかは全然できませんでした。タイミングわからないしやっぱり恥ずかしいというか勇気いりますね。。。最初の方頑張ってたお姉さん方すごい。

せめていい場面で拍手くらいしたいなーとは思ってたんですが、拍手するタイミングってどこでしょうね?ちょっと難しかった。

これが東京の繁華街の劇場だったら、もっと慣れてるお客さんが多くて盛り上がるんでしょうかね。まあでも、デュエルで登場人物がダメージ受けるたびに吹っ飛ぶ感覚を4DXで味わえて面白かったし、観に行ってよかったと思いました。

 

中身の感想について一言で表すと、「海馬は(この次元においては)死んでてももういいや」です。

先にも書いたように通常版2回観てますけど、その時は「海馬は生きてこの次元に帰ってきてね!」派だったんですよ。でもなんですかね、今回改めて海馬見たら、彼はもうこの次元に未練は無いのかなと思ったし(お仕事はもう十分やったよね……海馬ランドどうなったのかは知らんけど……。でもモクバに後を託せるところまで持っていってるんだよね)、アテムと互いの全力を尽くすデュエルをしてそれに勝つことが海馬が何より望むことなのであれば、永遠にアテムがいる次元に旅立ったままでもいいのかなと思いました。

私はこれまでいわゆる『ライバル萌え』はあまりしてこなかったんですが、「相手の存在が自分の生を実感させてくれる」という関係性において、『相手=ストーリー上のライバル』である場合ってかなりあるよなあと今さらながら実感しました(いや、何年オタクやってるんだよって話ですが専門は仲間内の信頼関係だから……!)(でもウルトラマンガイアのガイアとアグルの関係性は好きでした。『Beat on Dream on』は名曲)。

 

あ、ちなみに私が一番贔屓にしてる城之内くんについて言及すると、出番ありがとう!城之内が持つ作中最大の陽のパワーをしっかり描写してくださりありがとう!さすが原作者による制作総指揮&脚本!デュエルしてるところも見たかったとか言ったら贅沢だよね!です。以上。