読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

検討中

どういうブログにしていくか検討中です

海馬とGuns N' Diamond

 

 ももクロが好きです。優しくない歌詞が多いところとか(笑)。

AMARANTHUSヘビロテで特に『Guns N' Diamond』好きなんですが、


ももいろクローバーZ – M12「Guns N' Diamond / 愛を継ぐもの」 試聴×視聴ビデオ with カンニング竹山 from「AMARANTHUS / 白金の夜明け」

 

遊戯王の映画観たら海馬のテーマソングになっちゃって……!

前の記事では「海馬はもう死んでいい」しか言えてなかったのでもう少し海馬について。

tsu22ki.hatenablog.com

 ↓↓↓以下ネタバレあり↓↓↓

 

 

 

まず、海馬の作画とても美しかったですね。海馬推しではない私ですら「やばい海馬(の顔)がかっこいい……」ってなりました。ああ、かっこよかったんだこの人って。いやだって言動とかパフォーマンスとかインパクトありすぎてそっちに注目しちゃうじゃないですか。

 

そんな美しかった海馬ですが、作中一番の意志の強さと行動力を見せてくれました。そっかその強靭なメンタリティが顔つきに表れてあんなにかっこよかったのか。


舞台設定は原作終了後、遊戯たちは進級して高校三年生でした。

(海馬もホントは遊戯たちのクラスメイトだから高校に通ってないといけないんだけど……まあここらへんは王国編からこっちツッコむ方が野暮)

親父の工場を継ぐ予定の本田はともかく、作中で語られた遊戯たちの夢ってまだまだこれからの話でふわふわしてるというか。遊戯は祖父の店を手伝いながら新ゲーム開発、城之内はプロデュエリスト、杏子はミュージカルダンサー(だっけか)。まあ彼らなら実現できそうではあるんですけどね。

対照的に、同い年であるはずの海馬はすでに大企業の社長で仕事をバリバリこなしつつ、自分の生きがい・望みのために常に行動し結果を出しています。新型デュエルリスクの開発とか千年パズルの組み立てとか。このバイタリティどこから出てくるんでしょうか。


すごく印象的だったのが、やっぱり暗黒次元デュエルで体を別の次元に飛ばされながら「奴を呼べ……」とアテムがこの場に現れることを疑わなかったシーンと、一番最後、アテムに対峙するシーン。何故海馬がこの映画の時間軸の段階でアテムに会えると確信できていたのか?ということについてはWJに掲載された前日譚読むとちょっと印象変わるんですが、アテムともう一度会い彼とのデュエルに勝利する、という目標を達成するために海馬は常に前向きだったし、持てる手段を全てつぎ込んで事に当たったのは間違いないと思うのです。


もともとはオカルト嫌いで千年アイテムにまつわる事柄も否定してた海馬ですが、遊戯たちと関わっていくうちに自身も不思議な体験をして、千年アイテムに不思議な力が宿っていることは認めていました。だからこそ、遊戯は二重人格なのではなく、武藤遊戯本人と千年パズルに宿った古代エジプト王の魂という完全に別々の個人がいると認識していて、その王にもう一度会うべく色々やってたわけですが。

普通、「冥界に旅立った」と思われる人物にもう一度会ってやろうなんて考えますかね??再びアテムと自分が対峙するビジョンを、なんであそこまではっきり描けていたのでしょうか。

一つは、海馬がある意味科学的なものの見方を徹底的にできる人だったからなのかなと思いました。自分の目の前で起こったこと(アテムが冥界の扉をくぐりこの世界からいなくなったこと)(原作だと直接は見てないと思うんだけどなんかいたことはいたよね)は、再現可能なことだと考えることができる。

もう一つは、やっぱりアテムへの執着かな。はい。


そして目標を定めた彼は自分の知力・財力・組織力を総動員してまっしぐらなわけですが、その海馬の取り組みで特に好きなのが宇宙で人工知能に千年パズル組み立てさせるところです。なんで無重力空間になると効率あがるのかはさっぱりわからないのでいつか勉強しようと思うのですが、あそこで遊戯に対抗して自分で千年パズル組み立てようとしなかったところに感動した。そうだよね、目標はアテムに会うことなんだからそんな非効率的なことしないよね。流石です。


そういう海馬の生き様を見ると、失敗を恐れて一歩踏み出せない普段の自分を変えたいと思っちゃいますね。


と、このね、海馬について私が考えた一連のことがね、上記のももクロ『Guns N' Diamond』なんですよ。特にハマってると思うところは引用したツイートに大体書いてありますが、もう一つ挙げるとしたら「奇跡すら超越するくらい命がけですすめ」でしょうか。城之内や遊戯のピンチにアテムが訪れたことって奇跡じゃないですか。彼らよりアテムを求めてる海馬のところには来てくれないのにね!(笑)でも、海馬は自分からアテムの元へ行けるからいいんです。その意志の強さと行動力でね。以上。