検討中

どういうブログにしていくか検討中です

『彼方のアストラ』が面白い、という記事を下書きに入れて1年以上経ってた

彼方のアストラ完結しましたね!本当に面白かった!せっかくおすすめ記事を書いてたのに1年以上寝かせてしまいました。これ、ちゃんと書こうと思うときっといつまでも投稿できないので書いてた部分をあげてしまおうと思います。

------------------------------------------------

毎週楽しみにしている漫画があると人生充実しますよね。

私にとって今そんな漫画が『彼方のアストラ』です。

第一巻が出てます↓(そしてこれを書いている間に二巻も出た……)

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)

彼方のアストラ 1 (ジャンプコミックス)

 

 『彼方のアストラ』は、少年ジャンプ+で連載されています。少年ジャンプ+ですが、少年ジャンプから派生した無料のWeb雑誌…とでも言えばいいのでしょうか。Webで無料で漫画が読めてしまうとんでも雑誌なので、『彼方のアストラ』も毎週無料で読めます。他の漫画は黒バスの番外編くらいしか読んでないのでよくわかりませんが、彼方のアストラのためにお金払いたいくらい。マガポケ(マガジンのアプリ版)みたいに1作品ごとにお金払えればいいのに。。。

 

 

 

 『彼方のアストラ』の作者は、以前週刊少年ジャンプで『SKET DANCE』を連載されていた篠原健太先生です。私が彼方のアストラを読もうと思ったのも、スケダン(『SKET DANCE』)が大好きだったから。

スケダンって、コメディ漫画という分類でいいと思うんですが、下品なネタではなくキャラクターの魅力と基本一話ごとの伏線回収で笑わせてくれるので好きでした。キャラクター達の過去や進路の話等真面目なお話もたくさんありましたが、「友だちが困っているから助ける」「夢に向かって頑張る」という「ベタ」を今どき真正面から描く姿勢もまた好きで。見方によってはクサいんですよ。でも「ベタ」とか「クサさ」っていわゆる王道で、なんでそれらが「王道」かって、多くの人の琴線に触れてきたからじゃないですか。そのベタな展開、クサい展開に、当たり前に感動してもいいのだと安心できたというか。。。

そんなわけで大好きだったスケダンの作者が、また連載してくれる!しかも題材がどうやらSF!(SWや萩尾望都のSF大好きマン)というわけで期待して第一話掲載時から読んでたんですが、期待通り面白いし、このままいけば作品としてのクオリティはスケダンを上回るんじゃないかと思っています。

でもどうやら掲載誌の影響もあって認知度はいまいちらしい。。。

こうなったら私も人事を尽くすしかない!ということで紹介文を書くことにしました。


以下、彼方のアストラの魅力だと私が思っている

・キャラクター

・青春とミステリのバランス

・未知の世界の描写

について書きたいと思います。

あんまりネタバレしたくないんですけど、ネタバレしないでこの面白さを伝えるの難しいのでちょっとネタバレしますね……すみません。



彼方のアストラの魅力その①キャラクター


彼方のアストラは、すんごく纏めていえば高校生たちの宇宙漂流モノです。なので、メインキャラクターはほとんど高校生。それぞれ特徴や特技を持っていて、宇宙サバイバル生活で生かされていく……という形で各キャラクターのことが明らかにされていきます(という形なんだと思う!まだ序盤でよくわかんないキャラクターもいるにはいる!)。

------------------------------------------------


ここで下書きは途切れている……